花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

桃源郷岬/紫陽花編

紫陽花や

    雫鏡に陽を留めて

シャッター切れと 

    我ひきとめて

             ー花風  咲彩ー

 

宮崎県門川町の遠見半島に位置する

 

神が舞い降りたと云う桃源郷

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180625160324j:plain

 

 久々の梅雨の晴れ間少し遅めになりましたが、やっと紫陽花を見に行くことが出来ました。

もちろん家の庭でも公園でも、お隣の庭でも道端でも、はたまたホームセンターでも紫陽花は見れるのですが、「東京ドーム4個分」と云うスケールの大きさと「雲海の様な海原の見える景色」は全く違います❣

 

同じ場所に同じお花を見に行くことは薔薇や桜以外ほとんど無かったのですが、「また来たいな」と思わせてくれる場所の一つになりました。

 

今年の見頃は例年より1〜2週間早めだった為、満開時を外してしまいましたが解放感は十分に味わえました。

 

此処では紫陽花以外にも見どころが色々ありますのでご紹介しますね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180625170614j:plain

古代よりここは天空の神々が「天の岩舟」に乗って来られた聖地であり

大和の国のパワースポットとなっております

753年「ウガヤフキアエズ/神武天皇の父」が奉られておりますが

かなり荒れ果てておりこのままでは申し訳ないと考える方々の想いにより

現在の様な桃源郷へと姿を変えたのでした

またその謂れのせいか絶滅危惧種であるオオバムノキ・イモネガラ

ニッポウアザミなど珍しい植物や

カラスバトアマツバメカンムリウミスズメオヒキコウモリ

ウチヤマセンリョウなど他所では滅多にお目にかかれない貴重な鳥たちも生息しております

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180625173834j:plain

 

この丘の石灯篭でお祈りすると不治の病が完治したり

不妊の女性が子宝に恵まれたりと云う奇跡も度々起こっておりまして

開運・縁結びとしても人気を集めております

 

※石灯篭の不思議なお話については次回もう少し詳しくご紹介しますね。

 

『睡蓮の池』

 たまに行く植物園や薔薇園にも睡蓮の池は有るのですが、此処で初めて赤とピンクという色付きのものを見ることが出来ました。

その時の感動は今でも忘れられない程です。

写真を見て頂くと分かるでしょう?

綺麗ですね~💞

 

似ている花に蓮が有りますが、中心部分が違いますね。

私は蓮の花の中心部分がどうしてもオーストリッチの毛穴か生け花に使う剣山に見えるんですよね~( *´艸`)

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180625183209j:plain

 

まだまだ、この他にも「日本3大花木」のお話など

幾つか有りますので次回ご紹介と致します。

 

どうでしたか?

行きたくなりました?

もう6月も残りわずかなので紫陽花はそろそろ見納めですね。

今年も沢山の素敵な紫陽花に逢えて嬉しい限りです。

 

それでは続きは...次回。

 

ご覧頂きありがとうございました。

 

✲゚。:*゚✲゚*。✲゚。₀:*✲゚*。✲゚₀:*゚✲