花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

彼岸入り/equinoctial week

まだやるの?

夏と秋との

鬩ぎあい

        ー花風 咲彩ー

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180920001235j:plain

 

 日中の陽射しはまだまだ厳しく汗ダラダラ状態ですが、朝晩の空気はヒンヤリしてきました。

「暑さ寒さも彼岸まで」

そのお彼岸になりました。

 

先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ日とされていますね。

何故そう云われるようになったのか?

分かりやすく解説したものが有りましたのでご紹介しますね。

 ※2分足らずで観れます

 

✺お彼岸の基礎知識✺You Tubeさんより

 

 

 

私にも沢山の此の世にはいない家族や親戚が居ますので、こういう機会に思い出話などしながら偲びたいと思います。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180920003839j:plain


 

お彼岸の時期になると必ず咲いてくる「彼岸花

近くの公園にも沢山咲いていました。

彼岸花曼珠沙華とも云われますが、北原 白秋のその題名の詩を読んだときは少しゾクッとしました。

※詩の解釈は色々で本当のところ不確か(不明)のようですが、悲しく不気味な作品には間違いありません。

ここでは敢えて載せませんが、興味がある方は読んでみて下さい。

 

 

彼岸花には美しい花言葉も有りますが、悲しく怖く不気味なものも多く、彼岸花にしてみれば勝手にイメージ植え付けないでよね❣と怒っているかも?(;´∀`)

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180920002901j:plain

 

 お彼岸の中日は「秋分の日」

太陽が真東から昇り真西に沈み昼夜の長さがほぼ同じになると云うのは皆さんご存知ですよね?

つまり春分の日から長くなっていた日が此の時期から少しづつ短くなっていく折り返し地点と云うことですね。

 

秋の日は釣瓶落としと云うように油断していたらあっという間に暗くなってる❣

ドキッとしますよね。

小学生の時、自宅から離れた友人宅から帰る時、そんな経験をしたことがあります。

あの時は本当に心細くて怖い思いをしました。

 

今はもう大人ですから暗くても怖くはないですが...笑

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20180920004246j:plain

 

それではこの辺で...

今日も明日も明後日も

穏やかに過ごせます様に❧

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

✾今日のP.S✾

 

3連休最終日。

ミュージックステーションのSP番組「ウルトラフェス」

なんと10時間❣❣

『面白そうだけど長いなあ~』

と思いながら録画して、結局は数回に分けて観ることに。

新旧入り交ぜた構成と豪華なアーティストやゲスト出演者達。

安室ちゃんSPや宇多田ヒカルさんのインタビューなども有り、12人のヴァイオリニストの踊りながらの演奏も素晴らしく、色々と充実した内容ではありましたが...やはり10時間は少し長かったな。

 

映画でも小説でもブログでも何にでも「程よい長さ」があるなと感じている今日この頃です。≪個人的見解≫

 

❀✾❀✾❀~~~❀✾❀✾❀~~~❀✾❀✾❀