花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

小寒/しょうかん/二十四節気❅寒中お見舞い申し上げます❅二十四節気

f:id:hinoatarusakamiti:20190106152806j:plain

 

二十四節気』「七十二候」

小寒/しょうかん

初候

【芹乃栄】

せり すなわち さかう

次候

【水泉動】

しみず あたたかさを ふくむ

末候

【雉始雊】

きじ はじめて なく

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190106161107j:plain

 

 少し長めの冬休みを頂いたので、皆さんの所へのご訪問もすっかりご無沙汰になっていますが、年末年始つつがなくお過ごしでしょうか?

まだ頭も体も正月気分が抜け切れていませんが、これからゆっくり皆さんの年末年始の様子を覗かせて下さいね。

 

此方では2日の熊本地震に少し驚かされたものの、お天気も良く暖かい日が多くて穏やかな日々を過ごせています。

 

大雪や地震の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます💐。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190106155058j:plain

 

新しい年の幕開けも「あっという間」にもう一週間。

一年の折り返し地点である『冬至』も過ぎ、『小寒』に入りました。この後『大寒』と続き約一か月後にはとうとう『春分』です。

 

お正月に年賀状を出せなかった方は、此れから春分の前日までに【寒中見舞い】をお出し下さい。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181219001633j:plain


此れからの『小寒』『大寒』が一番寒いとされていますが、小寒の次候「水泉動/しみずあたたかさをふくむ」とも有るように、私達の見えない所では少しずつ確実に春に進んでいるようです。

 

最近の気候天候の不順で季節の花にも開花時期にかなり影響が出てもいますが、チラホラと春の花々を見かけるとやはり嬉しい気分になるのは何故でしょうか?

 

庭では流石にハイビスカスは枯れてきましたが「木瓜/ボケ」が咲いてきて、八重椿の蕾が沢山膨らんできました。

冬は花が少ないと云われますが、意外と探すと色々と咲いているものですね。

近所の白山茶花もまだ沢山咲いてますし、開花の進んでいる椿園でも春まで様々な種類が咲き続けるそうです。

 

蝋梅や梅、白モクレンなども楽しみです。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190106214853j:plain

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190107125027j:plain

 

今年は「亥年

どんな諺があるかな?と調べてみたのですが、書く気が失せるほど余り良い諺がないのですね。

次の「子年」も同様で・・・(;・・)

干支にまつわる諺は見る気がしなくなりました❣笑

 

今年5月からは【新元号

始めこそピンとこなかった【平成】も何時しか生活の中に馴染んできていたので、あと僅かと考えると名残り惜しいですね。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190106220649j:plain

 

休み明け

シフトチェンジも

遅れ気味

七草がゆ

仕切り直しを

ー花風 咲彩ー

 

❀❀❀❀❀❀❀❀

1月7日は【人日の節句/七草の節句】 

春の七草

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すすな・すずしろ

 

今年はスーパーでセット売りしているものが3百円から4百円に値上がりしていました❣ 

みずな」と「だいこん」で代用することにしました。

 

『エッ? 7種類じゃない!?』

『気は心❣』(#^.^#)

『物は言いよう!?』(・。・;

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190106222143j:plain※昨年の紅白梅

 

新たな年の始まりに相応しい清々しい言葉を見つけました。

【一塵不染/いちじんふせん】

煩悩を引き起こす「六塵」の一つにも染まらず、心身を潔白なまま保つこと

また他者からの影響を受けて感化されず清らかなままでいること

 ※四字熟語辞典より

 

まるで悟りを開いた仙人のようで、煩悩まみれの私達には縁遠い言葉では有りますが、心に留めておきたい言葉でもあるなと思えます。 

 

 

それでは遅ればせながらのご挨拶になりましたが...

❀゚。.*。₀:*゚₀。❀❀゚。.*。₀:*゚₀。❀

♡◖◡◗ノ今年も宜しくお願い致します

❀゚。.*。₀:*゚₀。❀❀゚。.*。₀:*゚₀。❀