花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

『令和』始めは「藤」づくし/藤城清治に藤の花✾


f:id:hinoatarusakamiti:20190506225854j:plain

 

深々と

くぐる藤棚

見上げれば

隙間煌めく

令和の明かり

~花風 咲彩~

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230056j:plain

 

いよいよ令和元年が始まりました。

GW中でしたが皆様如何お過ごしでしたか?

天皇陛下の即位を祝う一般参賀は14万人という凄い人数が集まったようですね。それだけ皆がこの令和という時代に期待が大きいという表れでしょうか?

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230200j:plain

 

もうすでに

透けて見える夏の入り口

今年もまた貴方と

迎えられる喜びを

そっと薫る風に託して...

 

多分どこか少しずつ

違っている景色でも

解き放たれた想いが

繋がっている道を

きっと探り当てるだろう

~花風 咲彩~

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230748j:plain

 

令和に入ってもう一週間❣

遅ればせながらの今日のエントリーになりました。

ご覧頂いている藤の花は全て、日本の初代天皇である『神武天皇』を祀る「宮崎神宮」にある紫藤です。

 

藤の花は、かんざしの飾りなどにも使われるせいか、日本らしさを強く感じる独特の存在感が有りますね。

境内は沢山の緑や小さな池も有り、お散歩コースにしている方も多いようです。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230542j:plain

 

天然記念物になっている「大白藤」は4月上旬から中旬が見頃ということで既に終わっていましたが、紫藤は観ることが出来ました。

部分部分で満開のところと咲き終わっているところと有りましたが、5月も一週間過ぎたので、さすがに紫の方ももう全て咲き終わったかもしれません。

令和の言葉のもとになった万葉集にも藤の歌が多数あるそうで、令和幕開けには一番ぴったりとくる花のような気がします。 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230332j:plain

 

『藤の花言葉

「歓迎」「優しさ」

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230426j:plain

 

この宮崎神宮の道を隔てた向こう側には「宮崎県立美術館」が有ります。

同じ敷地内に「県立劇場」と「県立図書館」もあり、公園としても整備されているので、此方もゆっくりと時間を過ごすのに良い場所ですよ。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506230843j:plain

 

私は、藤の花とこの「県立美術館」で開催されている影絵作家/藤城清治さんの光と風のファンタジー「愛生きるメルヘン展」がお目当てでした。

今回の展示作品は、お馴染みの「小人」や「猫」も至る所に出てきますし、天使やケロヨンなど愛らしいキャラクターも楽しめますが、目玉は宮崎県内の景色(高千穂峡など)や神話をもとにした(天岩戸やみそぎ池など)をモチーフにした作品が数多くあり、何時もとは一味違う魅力があるということです。

薄暗い会場内では、作品一つ一つのバックに明かりが付いているので何時も見ている画像とは違い、やっと本当の影絵を見た感じがしました。

何点か部分的に動きのあるものも有りましたよ。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190513022048j:plainチラシと入場半券

 

以前から藤城さんの作品は大好きで、どれを観てもメルヘンチックで可愛くて、小人探しなどをしながら楽しい時間を過ごせたのですが、会場内は出品作が嬉しいことに結構多かったので、その前に歩き疲れていた私は途中ゆっくりと座って鑑賞できる椅子が欲しかったのであります❣

 

もう一巡りしたいところでしたが足の痛みに勝てず断念しました。

特に大きい作品の前などに置いてあると良かったな...と考えていました。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506231042j:plain

 

このたび創立55周年を迎える宮崎空港ターミナルビル/2階オアシス広場では、何と藤城さんの原画をもとに『神の光 生命の国 愛と花~宮崎と日本の美しさを世界へ』という壮大なタイトルのステンドグラスが著名な工芸家・臼井定一さんにより手掛けられ、5月末にお目見えになります。

横21メートル・縦3メートルのステンドグラスには、日向(ひむか)神話がふんだんに盛り込まれていて、藤城さんのメルヘンの世界と融合して不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506231129j:plain

今回の「愛生きるメルヘン展」の会場内でも、そのステンドグラスのレプリカが展示されていましたが、入口にあった撮影オッケーの作品紹介/上段中央のものが小さいですが同じデザインの物になります。

※日向神話

日本書紀古事記に残されている神々のお話 

大和神話・出雲神話と並び三大神話とされます

宮崎空港にお寄りの際は、ぜひ見落とさないようにご鑑賞下さいね。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190507025705j:plain

 

二十四節気』「七十二候」

 

立夏

【初候/蛙始鳴】

かわず はじめて なく

【次候/蚯蚓出】

みみず いずる

【末候/竹笋生】

たけのこ しょうす

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506231406j:plain

 

いよいよ立夏に入りましたが、蛙(カエル)は異性にアピールする為に鳴きだすのでしょうか?

皆より一足も二足も遅れて「のっそりと!?」冬眠明けしたミミズ達も、豊かな土壌を作るため無くてはならない存在として動き出すのですね。

タケノコもぐんぐんと成長してくるというエネルギー溢れる頃です。

一年で一番過ごしやすい季節です。

エネルギーが強い分、疲れが出やすいとも言えますが、輝く新緑のパワーと癒しで疲れも跳ね飛ばせたら良いですね

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190506225948j:plain

 

藤の花に藤城清治さんと何方も【藤】が付いていました。

なんてことない話ですが、こういう小さいこと見つけるのって意外と楽しいですよね😉

私だけかな~?

そんなささやかな日々を今日も明日も明後日も明るく楽しく穏やかに過ごせます様に❧

 

今日もご訪問ありがとうございました💝

✾✾✾✾✾✾✾✾