花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

西郷隆盛宿陣跡資料館を訪ねて~お土産紹介付き❣

  秋晴れの週末、現在放映中の大河ドラマでもお馴染みの西郷隆盛ゆかりの地、「西郷隆盛宿陣跡資料館」に行って来ました。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111003929j:plain

 

 

 薩摩(現在の鹿児島県)の藩士で、明治維新の立役者と云われている人物「西郷隆盛」を盟主にして起こった明治10年の【西南の役/西南戦争

 

九州各地を転戦していた中、和田越戦の劣勢から逃れるように辿り着いた場所がこの地になります。

 

何故、政府に反旗を翻したのか?

この戦いはどういうものなのか?

分かりやすく解説している動画が有りますのでご覧下さ

い。より深く理解できると思います。 

 

 

 ~You Tubeさんより~

≪15分弱で観ることが出来ます≫

 

 

    可愛山稜は宮内庁から「北川陵墓参考地」として治定されていて、現在も俵野の人達が大切に守り、毎年4月3日にはご陵祭として神事や神楽が奉納されています

 

 この資料館は、その可愛岳のふもとにあり、元々は地元の児島熊四郎さんのお宅になります。

そこに西郷さん達がやってきたのですから、当時は「てんやわんやの大騒ぎ」だったことでしょう。

その場面がドラマでどう演出されるのか、今から少し楽しみです。

 

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111003732j:plain

 ※延岡市商工観光部観光戦略課リーフレット

  

 今回の記事はこのリーフレットを参考文献として使用させて頂きました。

ありがとうございます。

 (記事内の写真は全て私が撮影しています)

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004114j:plain

 

  丁度一年前には、作家の林真理子さんも来訪されていたようです。

 

 この資料館では、西郷さん達が使用していた武器や戦いの資料・生活道具など様々な物が展示されています。 

 

住所

〒889-0102

宮崎県延岡市北川町長井6727

東九州自動車道の北川ICより車で10分ほど〉

TEL.0982-46ー2960

休館日

12/28~1/3

営業時間

9:00~17:00

※現在、入館料無料。休館も上記記載日のみのようです。

ナビでの案内でスンナリと行けました。🚙🎶

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004028j:plain

 

 

 和田越決戦に敗れた西郷たちは、ここ俵野の可愛山稜が、「天孫瓊瓊杵尊/ニニギノミコト」のご陵墓だと知っていて、その聖地で砲撃は出来ないだろうとこの地に逃れてきました。

事実、3日2焼の間は政府軍は攻撃をしませんでした。

 

 

天孫瓊瓊杵尊/ニニギノミコトとは?

You Tubeさんから~

 

 

 

 

 三千五百の薩軍に対して、五万の官軍相手ですから、結果は見えていますね。

大変な戦いだったと推測できます。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004159j:plain

 

 

 この戦いには、丁度いま大河ドラマでは海外に留学することになる西郷の息子/菊次郎も従軍していました。

 

菊次郎は西郷が奄美大島に流されていた時代の島妻である愛加那との間に生まれ、八歳の時に鹿児島の西郷家に引き取られ、12歳でアメリカに留学し、この戦いの時はまだ17歳という若さでした。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004500j:plain

 

 

 その厳しい戦いの中、西郷は最後の決断をします。

負傷している菊次郎等を残し、可愛岳を突囲し高千穂らを抜けて無念のまま薩摩(鹿児島)に戻ることになります。

 

 

 f:id:hinoatarusakamiti:20181111004355j:plain

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111161113j:plain

 

 

 軍議には、西郷とともに、薩軍幹部の「桐野利秋」「村田新八」「辺見十郎太」「河野圭一郎」「別府晋介」の顔が見えますね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004253j:plain

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111005508j:plain

 ※ガラスケースに西郷さんが着ていた軍服のレプリカが展示されていましたが、やはりかなり大きいものでした。

 

 

遙か昔、そんな出来事が有ったとは思えない位、静かに佇む可愛岳と資料館です。 

 

希望により観光ガイド《有料》を利用できます。

「お申込み先」 

一般社団法人延岡観光協会

TEL.0982-29-2155

 

 資料館から車で僅か5分の場所に、西郷さんゆかりのお土産も揃う「道の駅/北川はゆま」があります。

 

こういう場所ではお決まりの、地元産の栗や柿・マンゴー等を使ったソフトクリームもありました♪

モチ食べました~😋笑

 

この日も日中は暑かった💦

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004748j:plain

 

 

 餅菓子や蕎麦かりんとう、肉みそご飯たれなど有りましたが、手軽な「西郷どんポテトチップ」を買って帰りました。

波切りで大袋入り、食べ応えあります❣

(美 ´~`味) モグモグ...............。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004847j:plain

 

 

 現在NHKで放映中の「西郷どん」もいよいよ佳境に近づき、益々と目が離せない場面が増えそうですが、ここでの資料と照らし合わせて更に楽しんで下さいね。

 

  

f:id:hinoatarusakamiti:20181111004651j:plain

 

 それにしても、西郷どんにしろ坂本龍馬さんにしろ、いつの時代でも大きな志を遂げるには犠牲も大きいとは皮肉なものですね

 

 

 学生時代は社会科系は苦手でしたが、時代劇を観るようになり、登場人物が幾つかのドラマの中で繋がっていくと面白くなっていきました。

それは海外ドラマでも同じことですね。

この秋は見逃せないドラマが幾つもあり、秋の夜長も楽しいです。

 

 

それではこの辺で...。

今日もご覧頂きありがとうございました。

 

📺👀~~~📺👀~~~📺👀~~~📺👀

立冬/early winter/二十四節気

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106230619j:plain ※訂正/×山茶花始開⇒◎山茶始開

 

 

身震いと

小春日和の

いき戻り

立つ冬わらい

山茶花咲いて

    ー花風 咲彩ー

 

 

二十四節気』「七十二候」

立冬/early winter】

「初候/ 山 茶 始 開」

つばき はじめて ひらく

「次候/ 地 始 凍」

ち はじめて こおる

「末候/ 金 盞 香」

きんせんか さく

 

※とかく似ている椿と山茶花

初候の山茶始開は何故だか(つばき)と読みますが、実際は「山茶花/さざんか」が咲き始める頃になります。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107000419j:plain

 

 

 暑い暑いと言っていましたが、とうとう暦の上では【冬】という事になりました。

縦に長い日本列島では、すっかり冬の装いの所もあれば、秋たけなわの所もあり、何時ものことですが、季節の楽しみが何倍にも増えた感じがします。

 

こうして少しづつ、季節は移ろいでいくから体はついていけるのでしょうね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107013524j:plain

 

 

 移ろいと言えば、秋の代表花の菊。

この時期、霜にやられて花片の周りが損傷を受け、紫に変色してしまうのですが、それを敢えて【移ろい菊】と呼び、「美しい」と評した平安朝貴族からの言葉があります。

粋ですね~。

こういう日本語の繊細さ好きです❣

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107001624j:plain

 

 

南下する

紅葉便り

雪便り

抵抗するよに

昼のどかなり

   ー花風 咲彩ー

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107002302j:plain

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107002437j:plain

 

 不思議と2輪こうして並んで咲いている姿をよく見かけます。

薔薇に限らずですが、何だか面白いですね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107003111j:plain

 

 

 冬の諺≪ことわざ≫に【柳に雪折れ無し】というものがあります。

しなやかな柳の枝は雪の重みにも耐えることから、柔軟なものは剛堅なものより、かえって強かったりするという例え。

同じような意味合いでレジリエンスという言葉もあります。

 

 日々、様々な人々や出来事に囲まれている私達。

何か問題が起こった場合、真っ向から立ち向かう勇気や強さも必要ですが、時にはしなやかに「かわす」ことも覚えられたら、もう少し楽に生きられるかもしれませんね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107091750j:plain

 

 

 さて季節の端境期。

体と共に心も鍛えて、今日も明日も明後日も、向かう冬に負けないように明るく楽しく過ごせます様に❧

 

✾✾✾✾✾✾✾✾~~~~~✾✾✾✾✾✾✾✾

秋の名残りを楽しんで🍁

f:id:hinoatarusakamiti:20181106053248j:plain

 

 

貴方は言う

「季節は過ぎ去って行くもの」

 

そうじゃない

「季節は巡り巡るもの」

 

五感の全ては命を持つから

記憶の底に響き合い

 

自分でさえ気づかぬままに

一葉は静かに舞い降りていく

 

消えることなく深深と

心奥の波に広がって...

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106053413j:plain

※パワースポットで有名な高千穂峡/高千穂町

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106053450j:plain

 

 

 7日からはいよいよ立冬

確かに朝晩はかなり寒いのだけど、日中は相変わらず日差しが強くて日向は暑い位💦

『もう11月なのになあ~』と口癖になってしまいました。笑

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106053534j:plain※此方は日之影町/見立渓谷付近

 

 季節に追い抜かれそうになっていますが、冬になってしまわないうちに秋をもう少し楽しんでおきましょう♪

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106060039j:plain

※盆栽紅葉(こういうものも有るんですね)

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106060444j:plain

※広島の有名お土産「もみじ饅頭」

 

 観る楽しみも良いけれど、やはり外せない「食べる楽しみ」( *´艸`)

甘味があっさりで何個でも食べられますよ。笑

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106061922j:plain

 

 まだまだ秋の楽しみは色々ですが、今日はこの辺で。

今日も明日も明後日も、穏やかに過ごせます様に❧

 

🍁🍁~~🍁🍁~~🍁🍁~~🍁🍁~~🍁🍁~~🍁🍁