花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

宮崎青島こどものくにローズガーデン🌹それでもって薔薇三昧

f:id:hinoatarusakamiti:20190516043852j:plain

 

何時ものことながら、あっという間に5月も半ば。

「5月病」という言葉もあるように、新生活の疲労が出てくる頃ですが、皆様お変わりありませんか?

そんなこの時期の癒しに一役買ってくれるのが、何といっても自然の美しさです。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516044655j:plain

 

この時期ひと際目を引くのは、花の女王🌹薔薇🌹ということで、4月末から開催中の『春のばら祭り』会場となっている宮崎青島のローズガーデンをご紹介します。

とうとう今週末(5/19)で終了ということなので、来園予定の方はお急ぎ下さいね。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516051936j:plain

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516055317j:plain


ここ「青島こどものくに」は1939年(昭和14年)に宮崎観光の父と呼ばれた岩切章太郎さんにより作られた施設になります。

17万㎡もある広大な敷地内には観覧車や数多くの遊具が並ぶ遊園地として栄えていましたが、遊園地は無くなり現在は少し表情を変えています。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516094538j:plain

 

入り口は現在、お土産や玩具・雑貨を置いてあるお店から入るようになっていて、年中無休のしかも入場料無料という気風の良さ❣

其処を抜けると高低差のある広い敷地内の真ん中を、入り口と平行に川が流れていて、右には「ホテル」川の手前は「パークゴルフ場」川にかけられた橋を渡ると「芝生広場」となっています。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516050249j:plain

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516043427j:plain

 

そしてお目当てのローズガーデンは敷地内左手になります。

途中は様々な樹木や亜熱帯植物、そして「睡蓮の池」と楽しみながら進んでいけます。

カエルさんもお出迎え。お昼寝中のカエルさんもいるようですね...笑

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516043501j:plain

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516053804j:plain

 

つる薔薇のゲートの向うには数えきれない程の薔薇や草花達が色とりどりです。

それにしても物凄い薔薇の数ですが、これで入場料無料とは!?

自宅からはかなり離れているのですが、これだけの薔薇を観れる場所は県内でもここだけなので、お気に入りの場所になりました。

隣には「椿園」もあり、其々の季節により「寒緋桜」や「紫陽花」「百合」なども楽しむことが出来ます。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516055036j:plain

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516091531j:plain

 

毎年、400程の新種が出来るという人気の薔薇ですが、確かに最近よく見かける花の形は変わってきましたよね。

姿だけではなく香りも楽しめるところが薔薇の魅力。優しい香りに包まれて写真を撮っていると穏やかな気分になれます。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516055200j:plain

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516060217j:plain

 

パシャパシャ撮影していたので、今回もかなりの枚数になってしまいました。

次回もう一度ここ「宮崎青島こどものくに」の薔薇たちをご紹介したいと思います。

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516061921j:plain

 

f:id:hinoatarusakamiti:20190516055232j:plain

 

それでは優しい季節の風を受けながら、今日も明日も明後日も明るく穏やかに過ごせます様に❧

今日もご訪問ありがとうございました💝

 

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹