花風 咲彩の四季折々

〜季節と共に〜

立冬/early winter/二十四節気

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181106230619j:plain ※訂正/×山茶花始開⇒◎山茶始開

 

 

身震いと

小春日和の

いき戻り

立つ冬わらい

山茶花咲いて

    ー花風 咲彩ー

 

 

二十四節気』「七十二候」

立冬/early winter】

「初候/ 山 茶 始 開」

つばき はじめて ひらく

「次候/ 地 始 凍」

ち はじめて こおる

「末候/ 金 盞 香」

きんせんか さく

 

※とかく似ている椿と山茶花

初候の山茶始開は何故だか(つばき)と読みますが、実際は「山茶花/さざんか」が咲き始める頃になります。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107000419j:plain

 

 

 暑い暑いと言っていましたが、とうとう暦の上では【冬】という事になりました。

縦に長い日本列島では、すっかり冬の装いの所もあれば、秋たけなわの所もあり、何時ものことですが、季節の楽しみが何倍にも増えた感じがします。

 

こうして少しづつ、季節は移ろいでいくから体はついていけるのでしょうね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107013524j:plain

 

 

 移ろいと言えば、秋の代表花の菊。

この時期、霜にやられて花片の周りが損傷を受け、紫に変色してしまうのですが、それを敢えて【移ろい菊】と呼び、「美しい」と評した平安朝貴族からの言葉があります。

粋ですね~。

こういう日本語の繊細さ好きです❣

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107001624j:plain

 

 

南下する

紅葉便り

雪便り

抵抗するよに

昼のどかなり

   ー花風 咲彩ー

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107002302j:plain

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107002437j:plain

 

 不思議と2輪こうして並んで咲いている姿をよく見かけます。

薔薇に限らずですが、何だか面白いですね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107003111j:plain

 

 

 冬の諺≪ことわざ≫に【柳に雪折れ無し】というものがあります。

しなやかな柳の枝は雪の重みにも耐えることから、柔軟なものは剛堅なものより、かえって強かったりするという例え。

同じような意味合いでレジリエンスという言葉もあります。

 

 日々、様々な人々や出来事に囲まれている私達。

何か問題が起こった場合、真っ向から立ち向かう勇気や強さも必要ですが、時にはしなやかに「かわす」ことも覚えられたら、もう少し楽に生きられるかもしれませんね。

 

 

f:id:hinoatarusakamiti:20181107091750j:plain

 

 

 さて季節の端境期。

体と共に心も鍛えて、今日も明日も明後日も、向かう冬に負けないように明るく楽しく過ごせます様に❧

 

✾✾✾✾✾✾✾✾~~~~~✾✾✾✾✾✾✾✾